ホームセキュリティ・防犯対策・防犯カメラについてご紹介しています

 さよなら、泥棒さん

ライン

オススメリンク集

 防犯対策してますか? 

最近、強盗や空き巣など一般の家を狙った事件のニュースを耳にすることが、ますます多くなりました。物騒な世の中・・・最近ちょっと心配って方も多いのではないでしょうか?住宅への空き巣は年々増える傾向にあり侵入窃盗被害は1日あたり約28件に上っているそうです。そう、決して他人事ではないのです。
対策をしてなければ、明日、自分の家が被害にあうかもわからないのです。
自分の家は大丈夫と安心せず、しっかり住まいの防犯対策をしましょう。しかし住まいの防犯対策と言っても何をどうすればいいのか、何より自分の家は大丈夫なのかなど分からないこともたくさんありますよね。そこで防犯に関すること、ホームセキュリティについてご紹介したいと思います。防犯カメラ・ネットワークカメラの設置、録画機能がないダミーの防犯カメラ設置の張り紙など、みんなで泥棒の寄りつかない家を目指しましょう。

ライン

侵入犯罪の現状

なんと泥棒の侵入経路の85.9%は、窓からです。
そのうちの66.4%は、窓ガラスを破り、侵入してきます。道具は、ドライバー1本や、バールなどポケットなどにしまえるような物1つで簡単に侵入してきます。しかも、侵入に要する時間は、90%以上が5分以内というわずかな時間なのです。ちょっとそこまでだけだからといって鍵をかけずに出かけてしまう事もよくありますが、絶対にやめましょう。何事も用心することが大切です。

ライン

住宅への侵入は約4分に1件発生しています

2006年に起きた、住宅への侵入窃盗犯罪は約12万3000件。およそ、平均4分に1件の割合で発生していることになります。また、新聞やテレビのニュースからもわかるように、犯罪手口は巧妙化、凶悪化しています。こうした質的な変化にも注意し、住まいの防犯対策を整えておく必要があります。 ネットワークカメラや防犯カメラも一般家庭に普及しています。

ライン


空き巣のターゲットは一般住宅

警察庁の犯罪情勢の統計によると、2006年に発生した侵入窃盗は、全国で20万件を超えています。しかも、6割以にあたる約12万件が住宅への侵入しています。このデータからも、住宅防犯の重要性を読み取ることができます。これをみれば防犯していないことの怖さに気づきます。ネットワーク機能で外出先から家の安全を確認できる防犯カメラもあります。特に空き巣に関しては、災害と比例しており、地震や火災の際にも発生します。日頃の防犯・防災用品で少しでも対策を心がけましょう。

Valuable information

語学留学とワーホリに関する情報サイト

ワーホリ 評判

お客様のあらゆるご相談にお応えいたします。

太田市 税理士

低価格、ハイクオリティーのサービスを実現!

大森の税理士事務所

数々の映画作品をプロデュースしてきた小椋悟さんのまとめです。

小椋悟

最終更新日:2016/8/18

Copyright 2008 さよなら、泥棒さん All rights reserved.
ライン